ロブスターとネギの包み焼き、マンゴー・アボガド添え

材料

・活ロブスター 2尾
・ニラネギ(みじん切り) 4カップ
・にんにく(みじん切り)2かけ
・塩 大さじ1/2
・バジル(千切り) 1/4カップ
・ほうれん草 450グラム
・チャイブ 4本
・ライスペーパー(20センチ径丸型) 4枚
・マンゴー(皮をむき、種を除いてスライス) 1個
・アボガド(皮をむき、種を除いてスライス) 1個
・白ワイン 1/2カップ
・バター 1/4カップ
・黒コショウ 大さじ1/4

作り方

大きな鍋に水と塩を入れて沸かし、ロブスターを10分間ゆでて冷ます。
ロブスターを包丁で半分に切る。尾の肉ははずして取っておく。腕ははずしておく。包丁でハサミを切って、殻を割る。ハサミの下部をねじって折り、軟骨をとりはずす。
ハサミの肉は取り出して一口大に切る。尾の肉は切らないでおく。


フライパンを中火にかける。バターを溶かし、ニラネギを10分間、しんなりするまで炒める。ニンニクを加えてさらに3分間炒める。ワインを加えたら強火にして、水分をとばす。塩コショウする。バジルを入れて、そのまま冷ます。

鍋に水を入れて沸騰させる。ほうれん草を入れて10秒ゆでて、氷水にさらし、水を切る。

ライスペーパーをタオルの半分のスペースに置き、残りの半分のタオルを上から覆う。2分後、タオルを開いて作業台に移す。ライスペーパーの円の中心にほうれん草の葉を3枚並べ、端は重なるように置く。ほうれん草の中央に炒めたニラネギを大さじ2杯のせ、そこにロブスターの尾の肉1/2尾分とハサミ1個分の肉を載せる。ライスペーパーの端を持ち上げて、中身を包むように上で一つに寄せてまとめ、上端をチャイブで縛る。

オーブンを200度に熱しておく。平鍋にバターを塗って、ライスペーパーの包みを並べる。8〜10分、または金褐色に焼き色が付くまで天火で焼く。めいめいの皿にアボガドとマンゴーのスライスを並べ、焼き上がったロブスターの包みをひとつずつ置く。熱いうちにいただく。

お取引をお考えの飲食店様は下記よりお問合せください。
取引方法へ