沿革

海老正 沿革

昭和26年1月 東京都新宿区柏木町において有限会社海老正商店を設立
昭和27年12月社業の発展にあわせ、本社を東京都新宿区西新宿7-17-10に移転し、
株式会社海老正商店に組織を改める
昭和33年6月立川営業所を開設
昭和35年9月資本金を250万円から750万円に増資
昭和35年10月高崎営業所を開設
昭和37年8月資本金を750万円から2100万円に増資
昭和42年8月町田営業所を開設
昭和47年6月営業の拡大・取扱品目の多様化に伴い、事業の効率化を企り、
株式会社海老正に社名変更
昭和48年8月千葉営業所を開設
昭和49年4月長野営業所を開設
昭和56年7月 大宮営業所を開設(後にさいたま営業所と改名)
昭和58年12月甲府営業所を開設
昭和61年10月大阪支店を開設
昭和63年9月京都営業所を開設
平成1年2月名古屋営業所を開設
平成3年6月大井松田営業所を開設
平成9年10月足利営業所を開設
平成12年7月川崎営業所を開設
平成12年10月船橋営業所を開設
平成19年11月豊海営業所を開設
平成20年4月千葉営業所と船橋営業所を統合し新千葉営業所を開設
現在に至る

東北海老正 沿革

昭和40年10月栃木県宇都宮市不動前に株式会社海老正の系列会社として設立、
併せて福島県郡山市、宮城県仙台市においてそれぞれ営業所を開設
昭和43年5月福島県いわき市に平営業所を開設
昭和43年7月社業の拡張に伴い資本金250万円を750万円に増資
昭和50年1月水戸営業所を開設
昭和54年4月営業活動の能率化向上と、将来の発展を期して本店を栃木県宇都宮市菊水町に移転
昭和57年4月山形営業所を開設
昭和59年2月新潟営業所を開設
昭和60年6月長岡営業所を開設
昭和61年12月盛岡営業所を開設
平成4年6月資本金750万円を1000万円に増資
平成16年3月秋田営業所を開設
平成27年1月本社所在地を宇都宮から仙台へ移設
現在に至る